くせ毛の直し方ですぐ実践可能なテクニック

くせ毛を直すテクニック

くせ毛を直すテクニック イメージ

くせ毛にも様々な種類があります。遺伝的なものもあれば、一時的にねじれが発生しくせとなってしまっているものがあります。

パーマをかけたような自然なウェーブになっているのであれば問題はありませんが、寝癖のように見えてしまったり膨らんで見えてしまうことが多いためこのくせ毛に悩まされる人は少なくはないでしょう。

この厄介なくせ毛を完璧に直すというのは難しいのですが、くせを和らげるためにすぐ実践可能な方法もあるのです。

まず大切なのはドライヤーの使い方です。くせ毛は根元からねじれが発生することによってうねりが発生することが多い傾向にあります。そのため根元から伸ばすように髪を乾かすというのはとても有効的な直し方なのです。

それでも直らない場合にはヘアアイロンを使用するなどして髪の毛を伸ばすとよいでしょう。次に頭皮ケアです。大切なのは髪の毛だけではありません。実は髪の毛のうねりというのは根元から始まっている場合が多いのです。そのため頭皮ケアをきちんと行うことでくせを抑えることも可能なのです。

正しいシャンプーを行っている人というのは実は少ない傾向にあります。

きちんと髪の毛を濡らしていないことから必要以上にシャンプー剤を使ってしまっていたり、ゴシゴシ洗うことで髪の毛自体をいためてしまったり、また頭皮まで洗えていなかったりと様々です。

正しいシャンプーを行っていないことから汚れもきちんと落ち切れず、どんどん頭皮の毛穴に汚れがたまっていってしまうことになります。まずは髪の毛を洗うというよりは毛穴を洗うということを意識するようにしましょう。

手で洗うのだけでは難しいのであれば、頭皮用のブラッシングを使用すると良いでしょう。毛穴まで洗うことができる上にマッサージにもなるため、頭皮の血行もよくなり一石二鳥です。

こうして頭皮を健康的で清潔な状態に保つことによって髪の毛が根元から生えてくるのを防いでくれます。

こうした方法は今すぐにでも実践することができます。これだけで改善することができる場合もありますが、それでも変化が見られない場合にはシャンプーを変えてみたり、くせ毛用のトリートメントを使用してみるというのも1つの手段です。

遺伝的なもので何をしてもくせが直らないという人もいます。そうした場合には縮毛矯正などに頼らなければならない場合もありますが、自分の髪の毛のくせがどのようなタイプなのかを見極めていくことができれば、自力で直すことも可能です。