気になるダメージヘアのメンテナンス方法や対策方法とは?

ダメージヘアのメンテナンス

ダメージヘアのメンテナンス イメージ

切れ毛、枝毛、しいては、うねりや爆発、静電気など、髪の悩みは尽きません。その原因ともなる髪のダメージが深刻になる前に、簡単に毎日できるダメージヘアのメンテナンス方法を紹介します。

髪へのダメージは何と言っても正しいシャンプー方法、そしてしっかり乾かす事です。シャンプーはお風呂で行いましょう。出来れば夜、寝る前が望ましく、1日1回まで、とします。

まずは湯船に浸かって、じっくり毛穴を開かせます。ぬるま湯で髪全体から頭皮まで、5分程度しっかり濡らします。ここで、汚れの殆どが落ちてしまいます。

シャンプー剤は使いすぎず、手の平でしっかりと泡立ててから、何点かに別けて髪に付け、爪等を立てずにゴシゴシこすらず、指の腹で優しく頭皮をマッサージするように洗います。

動かし方は、「バイバイ」をする時のように、手首を使って。生え際等は丁寧に行います。ぬるま湯で、5分程度、しっかりとすすぎましょう。お湯は熱過ぎると、髪を傷める原因になります。

トリートメントは毛先から頭皮に向けて伸ばし、頭皮にはつけないようにしましょう。目の粗いコームなどで全体になじませ、蒸しタオルなどで3~5分程度蒸らすとと、より浸透して効果がUPします。トリートメントの裏技を紹介します。

髪に伸ばしたトリートメントを洗い流す際、流したお湯を洗面器で受けてためておきます。洗面器にお湯をためておき、そこに髪を浸してもOK。流した後に、さらにそのトリートメント剤が溶けたお湯を髪に浸けて行きます。その後、普通にすすぎます。

これは美容師さんも推奨していて、実際に美容室でも行われている「チェンジリンス」という方法なのです。トリートメント剤を完全に乳化させる事で、塗り漏れがなくなり、浸透力もUPします。

コンディショナーで仕上げたら、軽く水分を絞り、タオルで挟むようにして髪を拭きます。そして大切なのがドライヤー方法。しっかり乾かしましょう。

と言っても熱風もダメージの原因ですので、ドライヤーを動かしながら、風を頭上から当てるように乾かしましょう。乾いたタオルを髪に被せて、隙間からドライヤーを当てると速く乾く上に、ダメージ予防にもなります。

100円ショップなどで売っている、マイクロファイバーのドライヤー手袋も優秀です。しっかり乾かしてから寝ないと、枕の摩擦で髪が痛んだり、半乾きの髪には雑菌が繁殖して、臭いや頭皮トラブルの原因になります。

ほんの少しのコツで、毎日のお風呂タイムがヘアメンテタイムにすることができるのです。是非、実践してみてくださいね。